music yumeironotoki 
by Shinjyou's Music Room 

ブログをリニューアルしました。日本と海外。ゲームと現実。いろんな世界で生きる、私ソラの生活をマイペースに綴っていくブログです。


カテゴリ | Daily Life | Red Stone | Other |
※本文中のいくつかの画像はクリックで拡大、ダブクリで戻ります。
※本サイトが重いと感じる方にはこちらからの閲覧をお薦めします。




 

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 いのち 』

2008–05–27 (Tue) 21:08

心が沈んでいた

そんな気持ちとは真逆な天気に

元気をもらいに外に出た






雲ひとつない碧い空

高く遠く澄みきった空



初夏の薫りを含んだ風が

優しくぶつかっては通り過ぎていく



太陽の光を全身で浴びて

ざわざわと音をたてて喜ぶ木々の葉たち



雑草が生い茂る道端から感じるのは

沢山の虫たちの命の営み







幾億もの生命が創りだすこの世界に

幾億分の一つとして存在し

長い長い歴史の中で

ほんの一瞬だけきらりと光る命




そんな一瞬の存在同士が出会い

同じ時を共に過ごすという偶然





恋人であるという奇跡

家族であるという奇跡

友人であるという奇跡





しかし

奇跡の出会いも

大切に思い過ぎる事が

自分の大きな負荷につながっていた




「もっと気楽に」




何度も言ってもらった言葉

ようやく、少し遠いところに気持ちをおくことで

だいぶ楽になった











― 彼女は・・・


もう遅かったのだろうか





責任感を感じすぎるところ

中途半端にはできないところ





似ているからなんとなく理解できても

悩みの度合いは何倍も大きくて




大きすぎて

心の置き所がわからなくなってしまい

自分の中の自分の存在を消してしまった







だめじゃない・・・

大切な人を大切に思うなら

一番しちゃいけないことでしょう




生きる人間の持つ感覚など消え

後悔の念なんてもうあなたにはないのかもしれない

でもそれで楽になったんだよね

苦しみから解放されて、もう何も悩んでいないんだよね



ただ、残された人達は

あなたが大切に思っていた人達は

あなたの事を想い続けながらこれからも生きていくんだよ・・・







あたしは絶対に、そんなことしない

大切に想い、想ってくれる人のため

そしてあたし自身のために

命が続く限り生きていきたい・・・









-----------------------------------------------------------------------






彼女が自らの命を絶ったのは昨日・・・

もっと平凡な人生を歩んでいれば

こんな事にはならなかったのかな

しかし、早々に訃報を知ることになったのは皮肉にも・・・




身を置くには、重すぎる世界だったのかもしれない






「昔は楽しかった」



昔、彼女が心から幸せそうに笑っていた顔が

目を閉じると浮かんでくる









----------------------------------------------------------------------







生きていることを重く感じる人もいるが

一人でも多くの人が命の尊さに気付いてくれることを祈りたい









その昔、多数の死者を出した、JR福知山線脱線事故の直後に作成したもの



mixiで見たことある人もいると思いますが。。。





スポンサーサイト

『 my favorite 』

2007–12–31 (Mon) 16:10
今年手に入れた大切なもの

ずっとほしくてやっと買ったこのブーツ



渋めのゴールドとグリーンを混ぜたような光沢のあるオシャレ感に一目ぼれ
デザインもなかなかで、服装を多少シンプルにしても、こいつの効果で地味にならない

ミニスカ、マイクロミニパン、デニムジーンズ・・・
試着した時からいろんなボトムに合わせることを想像しながら

やっと買った

大切に履くぞ




もう一つのmy favorite



昔から愛用しているピアス
実は2,3年前に金属アレルギーになってしまったのだが

それ以前から持っているこのピアスをどうしてもまたつけたくて
キャッチ部分を自力で樹脂製のものに付け替えたお気に入りの一品

穴は、左耳に1つ、右耳に3けてるので
右にうつっている偽ダイヤ系の小さなものを、右の上に2つ並べて付けている

『 Gun Control Ⅰ』

2007–05–18 (Fri) 16:53
昨夜からテレビでは愛知の立てこもり事件の中継が続いている。
さきほど人質にされていた容疑者の元妻が保護されたもよう。
しかしながら、昨日銃弾を受けた警官を救助する際に、
SATの警官が銃弾を受けて亡くなってしまった。

まだ23歳だそうだ。
24歳の奥さんと、生後9ヶ月の子供。
私はどうしてもその残された奥さんの気持ちを思ってしまう。
今いったいどういう気持ちでいるのだろう。

私はまだ結婚もしていないし子供もいないが、
パートナーを持つ一人の女の立場で考えると、
彼女の気持ちを思い、どうしてもいたたまれない気持ちになる。

忘れ形見となってしまった生まれたばかりの赤ちゃんに
たくさんの愛情を注ぎながら
亡くなった方の分も精一杯生きてほしいと思う。


そして、今回の件で思い出す一つの悲しい事件がある。


家族ぐるみで私の家とお付き合いある家の女の子が
数年前、アメリカ軍に務める男性と結婚をした。
できちゃった婚の上に相手が外国人だということもあり、
ご両親もあまり公にはしていなかったのだが・・・

彼女がまだ出産をする前に
相手の男性は任務のためにイラクへ行ってしまった。
そして、思いもよらない悲しい知らせ。
初の米軍基地内の自爆テロだったそうだ。
その犠牲者となってしまった彼。
ニュースでも大きく報道された。

訃報を知り、私達家族は皆で涙を流した。

その後子供は無事生まれ
今は近所の保育園に通っているが
将来は、母子家庭・子供がハーフということで
他の母子家庭よりも辛いことが多いかもしれない。

子供の無事の成長と親子の幸せを願わずにはいられない。

-------------------------------------------------------------

突然最愛の人を失くすという計り知れない悲しみは
私たちの想像を絶するものがあると思う。


最近は銃が関係した大きな事件が頻繁に起こっているが
銃は人の命を奪ってしまう危険な道具でもある

銃の規制が厳しいとはいっても、持っている人は持っているのだ。
暴力団員、1人に1丁の時代・・・と、ニュースで言っている。
安全と言われていた日本も、だんだん危険な社会へとなっていきそうで
危機感を覚える。
テーマ→許されない出来事 / ジャンル→ニュース

 | HOME | 

プロフィール

ソラ  

Author:ソラ  
     寒いのが苦手。動物や自然に
     触れ合うのも、賑やかな街に
     遊びに出かけるのも好き。
     私はそんな人間です。
     ソラという名の由来は「空」
     日々の空の表情が私の心を
     憂鬱にも幸せにもします。
     それから、オンラインゲーム
     レッドストーン紫鯖で「氷空」
     という名前でプレーしています。
     日本でしかできないため、
     復帰するたびに遅れをとって
     います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  
なんとなくバナー作ってみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。