music yumeironotoki 
by Shinjyou's Music Room 

ブログをリニューアルしました。日本と海外。ゲームと現実。いろんな世界で生きる、私ソラの生活をマイペースに綴っていくブログです。


カテゴリ | Daily Life | Red Stone | Other |
※本文中のいくつかの画像はクリックで拡大、ダブクリで戻ります。
※本サイトが重いと感じる方にはこちらからの閲覧をお薦めします。




 

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 Black Opal 周囲との関わり合い 』

2006–11–30 (Thu) 11:30
私は黒鯖で実に多くの友人に恵まれた。
ほとんどは同じレベル帯で、MMOの達人というほどでもない人たちばかりだった。お互いが切磋琢磨にプレイヤースキルとレベルを上げていける関係だった。友人ができたのは狩り場が多かったが、紹介されて友人になったことも少なくない。
「話した事はないが見た事はある」と言われることもよくあった。私はいろんな場所へ行き、いろんな集まりに首をつっこんでいたのかもしれない。狩り以外にもいろいろ動き回っていた気がする。

当時は気づけない事もいっぱいあったが、迷惑をかけたと思ったらきちんと謝り、他人にも当たり障りなく接していたつもりだ。レベル上げを手伝ってもらう事には抵抗を感じたが、手伝うのは嫌いではなかった。友人がくれると言ったアイテムもなかなか遠慮して受け取れなかった。本人にとっては今思えばゴミかもしれない装備も私にとっては「もらう」行為が非常に申し訳なく感じられるのだ。アイテムの売買でも、私はよく「おまけ」をつけてしまう。自分の露店の品に値引き交渉があったら、相手が申し出た値段より更に安い値段で売ってあげることも。金銭的に余裕がなくてもそんなことをよくしていた。

私は、ゲームにプレイヤーの性格が大きく反映されることを実感していた。「ボランティア精神ばかりじゃ事業は成功しないよ」という、いつかゲーム外で耳にした言葉が思い出された。確かに「イイヒト損」をする事もあるのだが、相手の喜ぶ姿に幸せを感じてしまうのでそれでいいと思ってしまう。性格は、もちろん人間関係のみならず、狩りスタイルにも、キャラの育て方にも反映されるのだが、私はゲーム内での友人関係にとても影響があったように思える。

だから、ゲームの世界でも、仲間とのつきあいが深まれば、それなりの自己主張も出てくる。喧嘩をする人もいれば、悲しい思いをすることもある。私は基本的に平和主義なのだが、唯一私が誘ってRSを始めたリアルの友人とだけ、ギルドの方向性について議論をした覚えがある。しかし、時にお互いぶつかり合う事も、仲間同士、ギルメン同士の結束を更に深め、理解し合うことに繋がるのだと思う。もちろん人間関係をあまり重視しないギルドにおいてはそれほど重要なことでなないかもしれないが、私のギルドはそういうギルドだったのだ。




Gv反省会の後は「二次会」と称してアリアンの居酒屋でお酒を飲みながら深夜までチャット。
お酒好きで話し好きなギルメンが多く、後に東京で開催した飲み会でも非常に盛り上がった。
スポンサーサイト

« 『 Part-time Job 』 | HOME |  『 Purple Amethyst 氷空の由来Ⅰ 』 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://soranoiro2006.blog77.fc2.com/tb.php/4-19ca2a0f

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

ソラ  

Author:ソラ  
     寒いのが苦手。動物や自然に
     触れ合うのも、賑やかな街に
     遊びに出かけるのも好き。
     私はそんな人間です。
     ソラという名の由来は「空」
     日々の空の表情が私の心を
     憂鬱にも幸せにもします。
     それから、オンラインゲーム
     レッドストーン紫鯖で「氷空」
     という名前でプレーしています。
     日本でしかできないため、
     復帰するたびに遅れをとって
     います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

  
なんとなくバナー作ってみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。